奈良市のコガタスズメバチ退治
駆除動画2015/11/10 はこちら

奈良市の蜂の巣駆除動画

2015年11月10日(火)

今回ハチの巣駆除を実施したのは
奈良県奈良市のとある空き家物件。

蜂の種類はコガタスズメバチ。

駆除実施時期は秋深まる11月。

空き家=ハチの標的となりやすい

ということが言えます。

空き家物件というのはやはり
人の気配が無く,ハチにとっては
快適に過ごすことの出来てしまう
スポットとなってしまうのです。

そして空き家物件というのは
その所有者の方には一切問題は
無いのですが,最も危険な目に
遭ってしまうのがお隣様などの
ご近所にお住まいの方々なのです。

これが一番問題視しなければ
いけない重要な点になるのです。

毎年こういった案件は数多く
ございましてご近所の方が
空き家物件にハチに巣作りされて
いるのを発見し,所有者の方に
連絡が入る,あるいは自治体に
苦情の連絡が入り自治体より
連絡が入る,ということになります。

中には自治体より一通の警告書が届き
第三者に被害が発生した場合は
損害賠償請求という文言が入っていたり
するようです。

突然そんな警告書が届けばかなり
驚かざるを得ません。

しかし空き家物件を所有すると
いうことはそんな事態も発生する
かもしれないということなのです。

中には所有者の方と全く連絡が取れず
仕方なく自治会あるいはご近所の方が
そちらの空き家物件の蜂の巣駆除の
費用を負担せざるを得ないという
こともございました。

そして空き家物件の蜂の巣のハチに
ご近所の方が刺されてしまった
という事案も過去にはあったのです。

近年空き家物件が増加し問題になって
おりますが,そうなると地域によっては
ハチの標的となり思わぬ二次被害が
発生する恐れもあるということです。

奈良県奈良市内でもこうした空き家物件
の蜂の巣駆除を毎年数多く実施して
おりますので所有者の方は出来る限り
定期的に訪問し,ハチの標的となって
いないかどうかの点検を行って頂く
ことが重要です。

今回も正に空き家物件のハチ駆除。

発見なさったのはやはりご近所様。

幸い所有者の方とは連絡が取れたため
所有者の方からの御依頼となりました。

物件の生け垣内部にスズメバチに
巣作りされており巣は直径30㎝程に
成長していたのです。

ハチのシーズン終盤である11月でしたが
まだまだ活発に巣にてコガタスズメバチが
活動しており,頻繁に巣へ出入り。

巣作りされた箇所というのが物件前の
通りに面した箇所に位置していたため
道路上をスズメバチが行き交っている
そんな危険な状況だったのです。

幸い周辺のご近所の方々はそちらに
スズメバチに巣作りされていることは
皆様が把握されておりましたので
誤って近付くということはなく
どなたにも被害は発生して
おりませんでした。

不幸中の幸いです。

シーズン終盤ということもあり
コガタスズメバチであっても
ハチの総数は100匹以上が通常
ですので慎重な駆除が必要です。

ご近所様の安心,安全を確保する
ためにも即刻スズメバチ駆除の
実施となりました。

そんな奈良市内の空き家物件
コガタスズメバチの巣駆除の
全容を一部動画にて御紹介させて
頂きますので下記よりどうぞ
ご覧ください。








お電話年中無休受付

タップですぐ電話

このページの先頭へ