平群町内の蜂駆除現場
レポートはこちら

平群町ハチ駆除具体例

2017年8月27日(日)

駆除の御依頼を頂きましたのは
とある不動産会社様。

管理している物件の屋根裏へと
通じる通気口辺りにハチが多数
群がっているので巣作りされている
のではないか、ということでした。

そちらの物件というのがしばらく
空き家状態となっていたのですが
最近に入居者様が決定し、その
入居者様が訪れた際に発見なさった
のでした。

ハチの種類は詳しくお聞きした結果
スズメバチで間違いなし。

恐らく通気口から内部へ出入りし
屋根裏内に巣作りされていることで
間違いないでしょう。

入居間近ということなので
迅速にご対応。

現場は奈良県生駒郡平群町。

現場に到着するなり周辺では
スズメバチがブンブン状態!

ハチの種類はモンスズメバチ。

こちらのスズメバチも屋根裏内や
壁内部などによく巣作りを行う
タイプのスズメバチになります。

特徴的なのは巣の外皮が形成されず
内部が丸見え状態となっているのです。

通気口を確認しますとやはり内部に
頻繁にスズメバチが出入りしており
ましたので屋根裏内に巣作りされている
ということで間違いなし。

モンスズメバチ駆除屋根裏

まずは室内から屋根裏内を確認出来るか
の調査をしたところ、どうやら何処
からも近辺には接近することが出来ず
巣の全容も確認することが出来ず。

こうなると、室内の巣作りされている
であろう箇所の天井を開口する必要が
あったのですが、お客様のご希望により
開口はせずに最終手段である薬剤散布
のみで侵入口を閉鎖するという駆除
作業となりました。

これは本当に最終手段となり、巣にいる
成虫は駆除出来たとしてもサナギ状態の
スズメバチには薬剤が届きにくいので
それらが羽化し、近辺の何処かに
出入り出来る隙間が存在すれば
そこから出入りし通常通りの生活を
行ってしまう危険性があるためです。

そういったことにご了承頂いての
駆除作業となります。

外部の通気口に慎重に最接近し
一気に屋根裏内へ薬剤注入!

すると物凄い羽音が響き渡りましたので
相当数のスズメバチが羽化している様子。

しばらく注入し続けますと内部の
スズメバチはほぼ駆除出来たよう
なのでここからは地道に戻りバチの
駆除を実施。

それと並行しましてその他の箇所も
させて頂き、スズメバチの動向を
調査したところ、なんとすぐ近所の
お宅の壁内部にも同じくモンスズメバチ
が出入りしていたのです!

恐らく位置的に判断しまして
こちらの屋根裏内のモンスズメバチ
たちと同団体である可能性が
考えられました。

その後もお客様宅へと戻ってくる
戻りバチを長時間駆除実施し
ほぼ落ち着いてきたところで
侵入口の閉鎖。

念のため通気口のみならず周辺の
屋根と壁の間に出来てしまった
隙間なども閉鎖。

モンスズメバチ侵入口閉鎖

なんとかいつもの平穏を取り戻した
様子ですのでスズメバチ駆除作業の
完了となりました。

すると、別箇所の軒下あたりにも
蜂の巣があるということで確認
したところ、そちらにはなんと
アシナガバチが巣作りしていたのです!

アシナガバチ駆除軒下

巣の大きさは直径10cm以上に成長
しており、巣の内部からはほぼ全ての
アシナガバチが羽化しているようで
既に新女王蜂の姿も!

そして巣では交尾している
アシナガバチの姿も確認。

こちらも合わせて駆除となり
慎重に巣に最接近。

アシナガバチの巣駆除軒下

一気に薬剤散布で全てのアシナガバチ
を駆除し巣も跡形なく完全に除去。

巣の内部には幼虫は存在しませんので
子育てを行う必要は無く、出掛けて
いるアシナガバチはほぼおらず
巣にて留まっていた様子。

やはりしばらく空き家状態となって
いたため、ハチの標的となりやすかった
ものと思われます。

その他の箇所でも過去に巣作り
されていた痕跡などが多数ございました
ので今後お住まいになられてからも
定期的に点検を行って頂く必要が
必ずありそうです。

そして巣作りされてしまったとしても
早期に発見し早期に駆除しておくが
重要でございます。





平群町内ハチの巣駆除レポート

お電話年中無休受付

タップですぐ電話

このページの先頭へ