生駒市の蜂駆除現場
レポートはこちら

生駒市蜂の巣駆除具体例

2021年8月6日(金)

駆除の御依頼を頂きましたのは
奈良県生駒市在住の男性。

御自宅一階の窓サッシ部分に
ハチに巣作りされているのを
つい最近発見なさった!

ということでご連絡頂きました。

それは窓を開放するとすぐ側に
位置していたため、ハチが室内に
侵入してくるかも分からないので
窓を開けることが出来ないことと
なってしまったのでした。

そんな蜂の巣を発見なさる
きっかけとなったのがたまたま
屋外側の近辺に近付いたところ
なんと頭上にてハチの姿!

するとそのハチはなんと該当の
窓サッシ部分へと侵入!

まさかと思い、恐る恐る確認して
みるとなんとそこには蜂の巣が
あったのでかなり驚かれた!

そちらの箇所というのが少し
死角となっていたので覗き
こまないと確認出来ない状態
だったのです。

ハチの種類は詳しくヒアリング
させて頂いた結果、アシナガバチ。

巣の大きさははっきりと確認
出来なかったため、分からず。

幸い巣に気付かず最接近あるいは
窓を開放することはなかったので
刺されるなどの被害は発生する
ことはございませんでした。

しかし窓サッシというのも
アシナガバチがかなり好んで
巣作りを行うポイントとなり
営巣箇所によっては刺される
確率の高いポイントなのです。

それはベランダなどへ出るための
窓サッシ下部。

足元の窓サッシ裏側に巣作り
されてしまうことがあり、気付かず
ベランダへ出た際に巣を刺激して
しまい、ふくらはぎなどを刺されて
しまうことがよくあるのです。

足元の窓サッシ裏側というのは
完全な死角となってしまっているため
なかなか異変に気付くことが
出来ない箇所なのです。

特に普段全く使用されていない
ベランダなどは足元窓サッシ下部が
標的となりやすいので久々に
ベランダへ出る際は足元の
窓サッシ下部に注意が必要です。

窓が開けられない状態なので
早急に駆除にお伺い。

現場にて該当箇所を確認しますと
それはやはりアシナガバチの巣。

構造上サッシ部分が空洞となって
しまっており、そちらの隙間部分を
うまく利用し巣作り!

アシナガバチ駆除窓サッシ

巣は握りこぶし大に成長。

頻繁に巣へハチが出入りして
おりますのでそれらに注意を
払いつつ駆除実施。

アシナガバチの巣駆除窓サッシ

一気に薬剤散布で現時点で
巣にいるアシナガバチたちを駆除。

駆除出来たところで巣も
跡形なく完全に除去完了。

アシナガバチの巣完全除去

ここからは巣に戻ってくる
戻りバチたちを地道に退治。

そして念のため敷地内全域の
その他の箇所も調査実施。

すると・・・

なんと別箇所にも同種の
アシナガバチの巣!

こちらは勝手口の頭上レール
部分にこびりつける形で巣作り!

アシナガバチ駆除サッシレール

巣の大きさは先ほどの巣と同様
ですがハチの総数は多数!

気付かずに扉をスライドさせる
ことがなくてよかったのです。

もしも扉が巣を直撃してしまって
いたら間違いなくハチを刺激して
しまっていたので刺されていた
可能性が高かったからです。

合わせて駆除となりこちらも
慎重に巣に最接近。

アシナガバチの巣駆除サッシレール

そして全てのアシナガバチたちを
即効で駆除し、巣も完全に除去。

しばらくハチの動向を調査した
結果、先程駆除した巣とこちらの
巣は関連性があるようなので
これで完全に駆除出来たという
ことになります。

その他の箇所では現時点では
巣作りされていないことを確認
出来ましたので最終的に双方の
巣に戻ってくる戻りバチをほぼ
退治出来たところで全ての
アシナガバチ駆除作業の完了。

これでようやく安心して頂く
ことが出来そうです。

今回のケースのように窓サッシ
部分というのもアシナガバチの
標的となりやすく、営巣箇所に
よってはかなり危険な状況に陥る
ことがあるので全箇所の点検を
定期的に行っておくことが重要です。

そして時が経過してしまうと
敷地内にて複数箇所に巣作り
されてしまうという事態もよく発生
しますので出来る限り早期に
発見し早期に駆除しておくことも
重要になります。





2021年5月31日(月)

駆除の御依頼を頂きましたのは
30代の男性。

御自宅は一戸建てなのですが
つい最近に中古物件として購入
されたということでした。

最近引っ越しされたのですが
なんと蜂の巣を発見してしまった!

しかも二ヶ所に渡って!

とんだ災難・・・

ということだったのです。

ハチの種類は詳しくお聴きした
結果、アシナガバチ。

まずは一階窓の格子部分。

そしてもう一方は二階ベランダ。

どちらも巣の大きさは初期サイズの
直径5cm未満。

巣には一匹のハチがいるときも
あればいない時もある。

その一匹のハチというのがそちらの
巣の主である女王蜂なのです。

その女王蜂というのは昨年に
周辺にて巣作りされていた
アシナガバチの巣より秋ごろに
最終的に誕生した新女王蜂に
なります。

それらが今年の春先に長い冬眠から
目覚め新たに巣作りを行っている
ということです。

ということはお客様宅周辺が
元々アシナガバチの活動地域と
なっているということが言えるのです。

今回のお客様はつい最近に引っ越し
されてきたということなので昨年
以前の状況が全く分からないのですが
恐らく昨年以前もアシナガバチに
巣作りされていた可能性が
考えられるでしょう。

もしもしばらく空き家状態と
なっていたのであれば特に標的と
なりやすい状況だったことが
考えられます。

今回のお客様は巣作りされてしまい
ましたが発見出来た時点ですぐに
駆除をご決断なさったので
良かったのです。

もしも巣作りされているのを
そのまま放置してしまうと芋づる式に
ハチが増加し危険性が高くなるのは
もちろんのこと、最終の秋頃まで
経過してしまうと再度新女王蜂が
誕生してしまうことになり、そして
再度翌年に周辺にて巣作りされて
しまうという事態に陥ってしまうので
アシナガバチの巣であっても極力
発見出来た時点で駆除を行っておく
ことが重要です。

更にはこの時期に早期に蜂の巣を
発見しておくことが出来るとかなり
危険性も最小限に抑えることが
出来るのです。

この時期というのはまだ女王蜂が
巣作りを開始したばかりなので
巣の内部の幼虫たちは羽化しておらず
働き蜂がギリギリ誕生していない
状況だからです。

ですので早めのこの時期から
御自宅敷地内全域の点検を行って
頂き,少しでも異変を感じた際は
その時点ですぐに対処することを
おすすめ致します。

過去にアシナガバチに巣作りされて
しまったことのあるご家庭は特に
注意が必要です。

迅速に駆除にお伺い。

まずは一階窓から確認。

それはアシナガバチの巣で間違いなく
窓上部にこびりつける形で巣作り。

アシナガバチ駆除窓サッシ

巣は初期サイズで想定通り巣からは
働き蜂は一匹も誕生しておらず。

ですが現時点では巣の主である
女王蜂の姿は無し。

アシナガバチの巣駆除窓サッシ

この時期というのは女王蜂自ら
子育てを行っていますので頻繁に
巣を離れるのです。

ですので帰りを待つことに。

とりあえず二階ベランダも確認。

それはベランダ壁面部分に巣作り
されておりこちらも初期サイズ。

アシナガバチの巣駆除ベランダ

一匹の女王蜂の姿。

こちらから駆除実施。

慎重に巣に最接近し一気に
薬剤散布でアシナガバチ退治!

巣も跡形なく完全に除去。

これでこちらの巣は駆除完了。

ベランダその他の箇所も
細部まで調査。

すると・・・

雨避け屋根支柱部分にも
アシナガバチの巣!

こちらも今年に入り新たに
巣作りされたもの。

位置的に考えてもしかすると
先程駆除した巣と関連性がある
可能性がありますが念のため
こちらも女王蜂の帰宅待ち。

一階の窓部分,二階ベランダの
女王蜂を待ちつつ敷地内全域の
調査開始。

すると,その他の窓サッシ下部や
雨避け屋根部分など多数の
アシナガバチの巣の痕跡を確認。

やはり以前からかなり敷地内が
アシナガバチの標的となっていた
ことが判明したのです。

幸い今シーズンの巣では
ありませんでしたが,お客様には
こういった状況であることを十分
ご理解頂く必要があります。

その後も双方の巣に帰宅する
女王蜂をひたすら待つことに。

しかし・・・

かなり長時間経過しても全く
気配無し。

おかしい・・・

こういったケースもまれに
発生する事態なのです。

原因は餌の探索中に何らかの
事故に遭い息絶えてしまったなど
想定外の事態がアシナガバチに
発生してしまったということです。

更には一匹の女王蜂が複数の巣を
兼務することもあるということ。

この時期はあまり発生しない事態
ですが特にベランダの支柱部分の
巣は先程のアシナガバチの巣で
あった可能性が考えられます。

その後も全く気配が無かったので
仕方がないので駆除作業完了。

全ての巣を跡形なく完全に除去。

巣の内部を確認しますと全ての
巣において幼虫はかなり成長し
サナギ状態になっているものも!

アシナガバチの巣サナギ

働き蜂が羽化するのも時間の問題
でしたがそれは阻止。

今回は想定外の事態なので
駆除保証対象となります。

万が一もしも同一箇所に巣作り
されてしまった場合は無料で駆除
させて頂くということです。

今回のお客様宅は調査結果のように
以前からかなりアシナガバチの標的と
なっておりましたので今年だけに
限らず来年度以降もかなり注意が
必要になります。

必ず定期的に全域の点検を行って頂き
少しでも異変を感じた際はその時点で
すぐに対処することが重要です。





2020年9月17日(木)

駆除の御依頼を頂きましたのは
奈良県生駒市在住の男性。

御自宅お庭に植えられている
植木にハチに巣作りされているのを
発見したということでご連絡頂きました。

ハチの種類はスズメバチ。

巣の大きさは直径20cm以上に成長。

そんな蜂の巣を発見なさったきっかけが
そちらの植木を剪定していた時のこと。

該当箇所付近を剪定開始したところ
なんと突然植木内部からハチが
飛び出してきたのです!

そしてなんと襲われ刺されて
しまったのでした!

顔面を刺されてしまったのですが
幸いすぐに手当てなさったため
大事には至りませんでした。

そして後程該当の植木をよく確認
してみたところ,なんと枝部分に
立派なスズメバチの巣があったので
かなり驚かれたということだったのです。

そんなスズメバチの巣を発見して
しまったので植木の剪定は中止。

今回巣作りしていたのはスズメバチの
中でもコガタスズメバチだったのですが
このハチに関してはスズメバチの中でも
比較的大人しいタイプのスズメバチ
なのですが,営巣箇所が厄介となり
刺されてしまう確率の高いスズメバチ
なのです。

コガタスズメバチは植木や植え込み
内部に巣作りしやすいスズメバチで
今回のケースのように植木の剪定などを
行った際に刺されてしまうことが
非常に多いのです。

まさか植木などに巣作りされているとは
思いもしないので不用意に作業を開始
してしまい,一気に襲われ刺されてしまう
というわけです。

毎年このような状況でスズメバチに
刺されてしまう方が数多くおられ
ますのでかなり要注意となります。

ですので植木や植え込みの剪定など
なさる際は必ず事前に蜂の巣が無いか
ハチが内部に出入りしていないかどうか
をよく確認してから行って頂く様
お願い致します。

既に被害が発生してしまっている状況
なので早急に駆除にお伺い。

該当の植木を確認しますと
かなり頻繁にスズメバチの姿!

コガタスズメバチの巣で間違いなく
植木の枝を多数巻き込む形で巣作り!

コガタスズメバチ駆除植木

巣の大きさは直径20㎝以上に成長!

かなり頻繁に巣へスズメバチが出入り
しているのでハチの総数もかなり
増加している状況!

早速駆除実施で慎重に巣に最接近。

コガタスズメバチの巣駆除植木

一気に巣の内部に薬剤注入で現時点で
巣にいるスズメバチたちを駆除。

駆除出来たところで巣も枝ごと
跡形なく完全に除去。

コガタスズメバチの巣完全撤去

巣の内部を確認しますと成虫だけでも
軽く100匹以上で,まだまだ幼虫も
サナギも多数!

コガタスズメバチの巣内部

ここからは巣に戻って来る多数の
戻りバチを地道に捕獲駆除実施。

念のため敷地内全域の調査も実施。

その他の植木等も細部まで調査させて
頂き,現時点では巣作りされていない
ことを確認。

最終的に戻りバチをほぼ退治出来た
ところでスズメバチ駆除作業の完了。

これで安心して植木の剪定を行って
頂くことが出来そうです。

今回のケースのように植木や植え込み
にもスズメバチに巣作りされてしまう
ことがあり,発見が遅れこの時期に
なってしまうとハチの総数も桁違いに
増加してしまうこととなるので
剪定などなさる際は必ず事前に点検を
行っておくことが重要です。





生駒市内ハチの巣駆除レポート

お電話年中無休受付

タップですぐ電話

このページの先頭へ