生駒市内の2017年6月
ドロバチ駆除現場レポートはこちら

生駒市蜂駆除具体例

6月29日(木)

お電話を頂きましたのは
奈良県生駒市在住の女性。

現在はご使用になられていない
ご実家にてハチに巣作りされているのを
お隣様が発見し、ご本人様に連絡が
入ったということでございました。

ハチの種類は恐らくスズメバチかも
しれないが断定出来ず。

こういったケースもよくあることでして
ほぼ空き家状態となってしまった
お宅にハチに巣作りされてしまい
離れて暮らしているご家族に突然
連絡が入るというケースです。

中にはご近所様が自治体に通報し
ある日突然、一通のお手紙が役所
から届くといったこともございます。

手紙の文面にはご近所様が刺される
などの二次被害が発生した場合は
損害賠償・・・

などといった文言が記されている
こともあるのです。

突然そんなお手紙が届けば誰もが
ショックで言葉にならないと思います。

過去にはそんなお手紙が届いた
お客様もおりました。

ですのでもしも長らく空き家状態と
なってしまっているお宅などがあれば
かなり要注意となります。

いつ何時ハチに巣作りされても
おかしくない状況でもしもハチの
標的となってしまえば発見が遅れ
蜂の巣は巨大化し周辺のご近所様に
思わぬ二次被害などが発生する恐れも
ございますので可能な限り春先頃からは
定期的に訪問し御自宅全域の点検を
行うことが重要です。

今回のお客様はすぐ近くにお住まい
ということですので今後は定期的に
訪問して頂く必要がありそうです。

ハチの種類も巣の大きさもはっきりと
分からない状況ですのでまずは
調査という形でお伺い。

現場に到着し該当箇所を確認しますと
それはアシナガバチでもスズメバチ
でもなく、ドロバチという種類の
蜂の巣だったのです。

ドロバチ駆除軒下

一階軒下あたりに巣作り。

こちらのドロバチの巣はアシナガバチや
スズメバチなどとは全く異なった
巣の形状をしており、泥を固めて
作られた蜂の巣になります。

一見蜂の巣とは思えない形状を
しておりますのでまさかと
思われる方が大半です。

こちらのハチはアシナガバチや
スズメバチのように芋づる式に
ハチの数がどんどん増加していく
ということはほぼなく、ハチの
個体数は少ないハチになります。

そしてアシナガバチやスズメバチの
ように人間に対して刺してくる
といったことはほぼございませんので
基本的には駆除対象外となります。

今回のお客様は駆除ご希望でしたので
駆除実施となりました。

巣の大きさから判断しまして
恐らく昨年以前に巣作りされていた
可能性がありそうです。

ドロバチの巣駆除軒下

念のため巣の内部に薬剤注入し
ハチがいれば退治。

そして巣も跡形なく完全に除去。

内部を確認しますとやはり昨年以前に
巣作りされていたもので内部からは
既に全てのハチが飛び立ったあとで
ございました。

念のため御自宅全域のその他の箇所も
調査させて頂きますと、アシナガバチ
やスズメバチの巣の確認はなかった
のですが、雨避けルーフと屋根の間の
壁面部分にもやはりドロバチの巣。

ドロバチ駆除ルーフ上部

こちらも過去に巣作りされていた
もので内部は空っぽ状態。

ドロバチの巣駆除ルーフ上部

念のためこちらも跡形なく除去。

その他の箇所では巣作りされていない
ことを確認出来ましたので全ての
ハチ駆除作業の完了となりました。

今回のドロバチの巣はよくお宅の
軒下や壁面にこびりつけております
のでもしも泥の塊のような物体を
発見した際はそれはドロバチである
可能性が高いですので人間の迷惑に
ならない箇所であればそっと見守って
あげるようにしましょう。





生駒市内ハチの巣駆除レポート

お電話年中無休受付

タップですぐ電話

このページの先頭へ