河合町内の蜂駆除現場
レポートはこちら

河合町ハチ駆除具体例

2016年7月29日(金)

お電話を頂きましたのは
奈良県北葛城郡河合町の
とある介護施設様。

敷地内植え込み内部にハチに
巣作りされてしまったということで
ハチの種類はスズメバチ。

巣の大きさは直径20cm前後。

アシナガバチに巣作りされるのは
よくあることでその都度ご自身で
駆除なさっていたそうなのですが
今回はスズメバチなので断念。

こういった植え込み内部や植木には
スズメバチだけに限らずアシナガバチ
もよく巣作りを行いますので注意が
必要なポイントとなります。

植木の剪定などを行うのは大半の方が
7月頃からと思うのですが、その時期
には蜂の巣もそれなりに成長しており
ハチの数も相当数になっていますので
植木の剪定などを行う際は事前に
ハチが植え込み内部などに出入り
していないかどうかを確認してから
行うようお願い致します。

そしてハチが巣作りを開始し出す
春先頃からは定期的に剪定を行う
ことをおすすめします。

一日でも早く駆除しておく必要が
あるため迅速にご対応。

該当の植え込み内部を確認しますと
スズメバチの巣。

スズメバチ駆除植え込み

スズメバチの中でもコガタスズメバチ
という種類のハチ。

巣の大きさは直径20cm程に成長
しておりかなり頻繁にハチが出入り。

スズメバチの巣駆除植え込み

恐らく四十匹以上の働き蜂たちが
羽化していることでしょう。

そして駆除実施で巣の内部に
薬剤注入。

内部のスズメバチたちを全て退治後
巣も跡形なく完全に撤去。

しばらく巣に戻ってくる戻りバチ
の駆除を実施したところ、?

数匹がこちらの植え込みとは
別方向の植木内部へ。

もしやと思い、内部を確認しますと
なんとそちらにも同種のスズメバチ
によって巣作りされていたのです。

スズメバチ駆除植木

こちらは枝にぶら下げる形で営巣
されており、巣の大きさは同じく
直径20cm程に成長。

スズメバチの巣駆除植木

かなり驚きですが合わせて駆除となり
こちらも内部のハチを駆除後
巣も枝ごと跡形なく撤去。

双方の巣の内部を確認しますと
どうやらそれぞれ別団体のものの
ようなのでコガタスズメバチに
しては珍しいケースでございました。

スズメバチの巣

そして双方の巣に戻ってくる戻りバチ
もほぼ駆除出来ましたので全ての
ハチ駆除作業の完了となりました。

双方の植え込み、植木はやはり
剪定などされておらずうっそうと
生い茂った状態になってしまって
おりましたので今後は定期的に
剪定を行うことが重要です。





お電話年中無休受付

タップですぐ電話

このページの先頭へ