桜井市の蜂駆除現場
レポートはこちら

桜井市蜂の巣駆除具体例

2018年6月17日(日)

駆除の御依頼を頂きましたのは
奈良県桜井市在住の女性。

つい最近に御自宅お庭にて作業
していたところ、ふと脇の植木に
目を向けたところ、なんと枝部分に
立派なスズメバチの巣があったので
腰が抜ける程驚かれた!

ということでございました。

今までそんなスズメバチに巣作り
されたことなど無かったという
事ですので、驚かれるのも無理は
ございません。

茶色で真ん丸のスズメバチの巣。

ですが巣の大きさが直径20cm程に
成長しているということ。

この時期はスズメバチであっても
巣の大きさはまだそこまで成長
していないのが通常になります。

今回のスズメバチは恐らく
コガタスズメバチで間違いない
でしょうから時期的な平均サイズでは
直径10cm前後が平均となります。

ですので恐らく今回のコガタスズメバチ
の巣は昨年以前に巣作りされていた
巣で内部は既に空っぽ状態である
可能性が高いでしょう。

詳しく状況をお聴きしますと
やはり巣の内部に出入りする
ハチの姿はほぼ無いということ
なので、間違いないでしょう。

しかし想定外の事態が発生しており
かなり急激に巣が巨大化していた
可能性もございますし、空っぽ状態と
思っていても内部にスズメバチが
潜んでいたということも過去には
ありましたので決して油断は
出来ません。

今回のお客様もそのような事態が
考えられるかもしれない
ということで念のため弊社に
駆除の御依頼を頂いたのでした。

気になって仕方がない状況なので
迅速にご対応。

現場にて該当の植木を確認しますと
それはやはりコガタスズメバチの巣。

スズメバチ駆除植木枝

巣は直径20cm程に成長。

巣の状況を確認しますとどうやら
昨年に巣作りされていた巣で
間違いないようです。

しばらく動向を調査しても、やはり
巣へ出入りするハチの姿もなし。

恐らく活発に活動していた昨年は
かなり頻繁に巣へスズメバチが
出入りしていたことでしょう。

巣作りされていることに気付かなかった
要因としましては、現時点よりも
当時はもっとうっそうと生い茂った
状態になっており、スズメバチの巣が
見えなかった、ということと
巣へ出入りするスズメバチたちが
視認できるお庭側とは反対方向から
出入りしていた。

ということが考えられそうです。

当時に植木の剪定などをなさり
誤ってスズメバチの巣に振動を
与えてしまうような事が無くて
良かったものです。

コガタスズメバチに関しては
今回のような植木の枝部分によく
巣作りを行うスズメバチなので
巣に気付かず剪定を開始してしまい
そしてスズメバチに刺されてしまう
ということが毎年数多く発生している
事案なのです。

ですのでそんな被害に遭わずに済み
まだ不幸中の幸いと言えそうです。

空っぽのスズメバチの巣ですが
必ず駆除しておく必要がありますので
念のため巣の内部に薬剤注入!

スズメバチの巣駆除植木枝

内部にスズメバチが潜んでいない
ことを確認出来ましたので巣も
跡形なく枝ごと完全に撤去。

スズメバチの巣完全撤去

巣の内部を確認しますと一匹も
スズメバチの姿はなく、昨年に
巣作りされていた物でした。

念のため御自宅全域のその他の箇所も
細部まで調査させて頂き、他では
巣作りされていないことを確認
出来ましたので全ての
スズメバチ駆除作業の完了。

これで気兼ねなく、お庭にて作業
して頂けそうです。

今回のコガタスズメバチに関しては
植木内部に本当によく巣作りを
行うタイプのスズメバチですので
今後も定期的に植木の剪定を行って
頂き、巣作りされにくい環境を
構築しておくことが重要です。





桜井市内ハチの巣駆除レポート

お電話年中無休受付

タップですぐ電話

このページの先頭へ